フランス旅行観光のオンライン辞書・事典:シテ島・シノン城・シャネル・シャモニ・シャルトル大聖堂・シャンゼリゼ・シャンティイ城・シャンベリー・シャンボール城・シュノンソー城

?これはフリーライト・ソフトウエアーが開発したフランスの辞書辞典です。フランス語文字をクリックすればフランス語サーチエンジンで関連サイトを検索出来ます。地球儀のアイコンをクリックすればフランスとパリの地図上に場所を表示。サムネイル写真をクリックすれば画像を拡大。一般フランス語翻訳は弊社のオンライン日仏辞典を利用して下さい。
英語バージョン
他の辞書を選ぶ:
キーワードで検索:
説明を捜す:
記事内部を調べる:
 
ページの始めの文字: R

シテ島

フランス語: L'île de la Cité , La Cité
違う綴り:シテ
キーワード:パリ, 世界文化遺産, , 場所, 観光地
関係有る記事: ノートルダム寺院 , サント・シャペル
関連サイト: http://www.insecula.com/musee/M0073.html , http://www.pariserve.tm.fr/quartier/00ilecite.htm
説明:初めはセーヌ川の中の小島でしたが侵略者に対して守りやすいため町が徐々に発達します。ローマ時代にはリュテースと呼ばれて451年のアッティラ侵攻にはシテ島の住民はセント・ジュヌビエーブに勇気ずけられます。メロヴィング王朝はパリを首都に定めて、885年のバイキング侵攻にもシテ島はウードの指揮下で抵抗します。ノートルダム寺院やサントシャペル・コンシエルジ等中世のモニュメントが豊富なシテ島はユネスコの世界文化遺産です。

シノン城

フランス語: Château de Chinon
違う綴り:シノン, シャトー・ド・シノン
キーワード:ルワール地方, 世界文化遺産, , 観光地
関連サイト: http://perso.wanadoo.fr/jean-francois.mangin/capetiens/fenetres_filles/chateau_chinon.htm
説明:ルアール川の支流、ビエンヌ川の北岸の絶壁にはローマ時代から砦が有りましたがアンジュ伯が1044年に城を占領しその後アンリー伯2世がイギリス王となりシノンの重要さが増します。彼はムラン塔やサンジョージ砦を加え城を補強しますがフランス王フィリップ2世は1205年に城を落とします。フランス王シャルル7世が1492年に初めてジャンヌダルクに会ったのもシノンです。

シャネル

フランス語: Chanel
違う綴り:ココシャネル
キーワード:パリ,
関係有る記事: ソミュール
関連サイト: http://www.chanel.com , http://fr.wikipedia.org/wiki/Coco_Chanel
説明:フランスのファッションデザイナー、ガブリエル一名ココ・シャネルは1883年にソミュールで生まれ、12才のとき母親が病死し父親は家を出たので孤児院で育てられる。1910年にイギリス人のボーイフレンドの出資で彼女が作った人気の有る婦人帽子をパリのカンボン通り、そしてノルマンディーのドービルで販売。1921年には有名な香水のシャネルNo 5を発売。1924年以来ベルトハイマーがビジネスパートナーに成り、彼の子孫が今でも会社を経営。彼女は1971年にスイスのロザンヌで死亡。

シャモニ

フランス語: Chamonix , Chamonix-Mont-Blanc
違う綴り:シャモニ・モンブラン, シャモニックス
キーワード:アルプス, , 観光地
関係有る記事: モンブラン , エギーユ・デュ・ミディ , モンブラン・トンネル
関連サイト: http://www.chamonix.com , http://www.chamonix-mont-blanc.fr
説明:アルプス山脈の中、スイス国境の近くに位置するシャモニが有名に成るのは旅行や登山が発達する18世紀からです。1924年には最初の冬季オリンピックを開催。エギーユ・デュ・ミディのロープウエイやモンタンベールの登山電車等各種の交通機関があるのでシャモニは登山やスキーの理想的な基地。1965年のモンブラントンネル開通後シャモニ谷に入るトラックが増えて環境問題に成る。人口は9900人。


シャルトル大聖堂

フランス語: Cathédrale de Chartres
違う綴り:シャルトルのカテドラル, シャルトル
キーワード:世界文化遺産, 教会, 観光地
関連サイト: http://www.ville-chartres.fr , http://www.chartres.com
説明:パリの南西80km、広大な農業地帯のボース地方に位置するシャルトル大聖堂はフランスで一番高く美しい大聖堂の一つである。既に4世紀頃に同じ場所に小さな教会が在りましたが、現在の大聖堂は何回もの火災の後1194年に建てられ、宗教戦争やフランス革命の戦禍から奇跡的に助かった建築物です。

シャンゼリゼ

フランス語: Champs Elysées , Avenues des Champs Elysées , Boulevard des Champs Elysées
違う綴り:シャンゼリゼ通り
キーワード:パリ, 場所, 観光地
関係有る記事: アーク・ド・トリヨンフ , ルーブル美術館 , コンコルド広場
関連サイト: http://fr.wikipedia.org/wiki/Avenue_des_Champs-%C3%89lys%C3%A9es , http://www.magicparis.com/champselysees/fr/frindex.asp
説明:パリの北西に在る有名な通りでコンコルド広場から凱旋門まで歴史的軸に沿って走っている。17世紀まで周りは牧場だったがル・ノートルがシャンゼリゼを設計してから迅速に発展した。1828年にパリ市の所有と成る。ナポレオン三世の時代にはロスチャイルドやプレール等の大富豪が住み、続いてビトン・ゲルラン・ランバン等の高級ブチックも開店。シャンゼリゼはギリシャ伝説で天国のこと。

シャンティイ城

フランス語: Château de Chantilly
違う綴り:シャンティイ宮殿
キーワード:, 観光地, パリ郊外
関連サイト: http://www.chateaudechantilly.com , http://www.chantilly-tourisme.com , http://www.ville-chantilly.fr , http://www.institut-de-france.fr/patrimoine/chantilly/chantilly.htm
説明:ローマ時代から存在するシャンティイが実際発達するのは最後のオルジュモン家の人が1484年に彼の甥のギヨーム・ドゥ・モンモランシーに領地を相続させてからです。実際彼の息子アンヌ・ドゥ・モンモランシーはフランス王6代に渡って家老として使えます。1560年代に建てられた小さな城は次の領主だったコンデ家が使った17-18世紀の家具で飾られ又、庭は宮廷庭師のアンドレ・ル・ノートルが1663年に設計した。パリの北40kmに位置するにシャンティイは有名な競馬場も有る。

シャンベリー

フランス語: Chambéry
キーワード:アルプス, ワイン, , 観光地
関係有る記事: グルノーブル , リヨン
関連サイト: http://www.mairie-chambery.fr , http://www.chambery-tourisme.com , http://alain.cerri.free.fr/index7.html
説明:ジュネーブとグルノーブルの中間・アルプス前衛山脈の中に位置し、サボア県の県庁が有るシャンベリーは1295年にサボア公国の首都に成ってから発達するも1563年に首都がトリノに移ってから衰弱。1860年のトリノ条約でサボア地方の領土権はフランスに移る。ジュネーブ・グルノーブルとリヨン・トリノ間の道路の交差点に位置するシャンベリーは重要な鉄道のハブでもある。周辺はサボアワインの特産地。人口は58500。

シャンボール城

フランス語: Château de Chambord
違う綴り:シャンボー城, シャンボール, シャトー・シャンボール
キーワード:ルワール地方, 世界文化遺産, , 観光地
関連サイト: http://www.chambord.org , http://www.chambordcountry.com , http://en.wikipedia.org/wiki/Chateau_Chambord
説明:ブルワの近くパリの南150kmに位置するシャンボール城はルワール川流域の城の中でも最大の城です。1519年にフランソア一世の別荘として建設が始り完成したのは彼の死後の1559年です。四つの中央塔が二重の螺旋階段で連絡するこのルネッサンス様式の城はフランソア一世の食客であったレオナルド・ダビンチが構想に参加したようです。フランソアの死後城は徐々に廃れていきます。広大な森に囲まれたシャンボール城はUNESCOの文化遺産に属しま

シュノンソー城

フランス語: Château de Chenonceau
違う綴り:シュノンソー, シャトー・ド・シュノンソー, シュノンソ城
キーワード:ルワール地方, 世界文化遺産, , 観光地
関連サイト: http://www.chenonceau.com , http://en.wikipedia.org/wiki/Chateau_Chenonceaux , http://www.linternaute.com/sortir/chateaux-loire/5.shtml
説明:ルワール川の支流のシェール川北岸に在った古い城は城主の裏切りで取り潰され、新城主でシャルル8世の侍従トマ・ボイエは1515年から1521年にかけて天守閣だけを残して新しい城を建てます。その後1555年に城はアンリー二世の愛人ディアンヌ・ド・プワティエの手に渡りシェール川上に拡張されます。王女カトリーヌ・メディチは王の死後、自分が住むためその城を没収し美しい庭園を造ります

このページに有る記事:55 - 64、全部で:152.

?p??????y?Y?XSouvenirs of Paris


http://www.webdico.com/dico/fratxtj8.html
Text Copyright, Free Light Software
Pictures' Copyright belongs to each author or legal claimant
最終更新:24/11/09 15:59