フランス旅行観光のオンライン辞書・事典:メス・メゾン・カレ・モナコ・モネ美術館・モンパルナス駅・モンブラン・モンブラン・トンネル・モンペリエ・モンマルトルの丘・モン・サン・ミッシェル

?これはフリーライト・ソフトウエアーが開発したフランスの辞書辞典です。フランス語文字をクリックすればフランス語サーチエンジンで関連サイトを検索出来ます。地球儀のアイコンをクリックすればフランスとパリの地図上に場所を表示。サムネイル写真をクリックすれば画像を拡大。一般フランス語翻訳は弊社のオンライン日仏辞典を利用して下さい。
英語バージョン
他の辞書を選ぶ:
キーワードで検索:
説明を捜す:
記事内部を調べる:
 
ページの始めの文字: R

メス

フランス語: Metz
違う綴り:メッス, メッツ
キーワード:, 観光地
関連サイト: http://www.mairie-metz.fr
説明:ケルトの一部族によって建設されたメスはローマ帝国ガリア地方の主要な町。834年フランク王国の分裂によりロータリンギア王国の首都。中世にはローマ神聖帝国内の半独立した司教都市。1552年にフランス王エンリー二世がメスを征服しますが、1871 年から1918年までドイツ領。メスはロレーヌ地方の首都で人口は117000人。主な名所としてサン・テティエンヌ大聖堂。

メゾン・カレ

フランス語: Maison Carrée
キーワード:ローマ遺跡, 南仏, 教会, 観光地
関係有る記事: ニーム , マドレンヌ教会
関連サイト: http://en.wikipedia.org/wiki/Maison_Carree , http://www.insecula.com/oeuvre/O0000781.html
説明:紀元前19年ごろローマ将軍マルクス・ビィプサニウス・アグリッパが若くして亡くなった2人の息子の思い出のためニームのフォーラムに建てたメゾン・カレは最も保存がいい現存するローマ遺跡の一つです。3mの高さの台座に鎮座するメゾン・カレは長さ26m幅15mの典型的アウグストゥス風の神殿ですが4世紀には既にキリスト教教会に代わっています。ュベール・ロベールは1787年にこの神殿の神秘的な雰囲気な絵を描いています。メゾン・カレはまたマドレンヌ教会の建築様式にも影響を与えました。

モナコ

フランス語: Monaco , Principauté de Monaco
違う綴り:モナコ公国
キーワード:, 南仏, 観光地, , コートダジュール
関連サイト: http://www.monte-carlo.mc , http://www.visitmonaco.com
説明:フランス南東イタリア国境の近くの地中海沿岸に位置するモナコは世界で二番目に小さな国です。1215年にジェノバの植民地として建設され1297年からグリマルディー家の管轄下。レニエ三世はハリウッド女優グレース・ケリーと1956年に結婚。所得税が無いのでモナコは各種イベントを開催する:グランプリドモナコ・ラリーモンテカルロ・サッカー(As Monaco)・カジノ・オペラ。現在の君主はアルベール二世で人口は32500人。

モネ美術館

フランス語: Jardin de Monet , Maison de Monet , Musée de Monet
違う綴り:クロード・モネ美術館, モネの庭園, ジベルニ
キーワード:ノルマンディー, 公園, 美術館, 観光地
関連サイト: http://www.giverny.org/gardens/jardins.htm
説明:印象派の巨匠クロード・モネは1883年から1926年に死ぬまでジベルニの家で過ごした。道の反対側に池を造らせ今パリのオランジュリ・ギャラリーに展示されている睡蓮の花の大作を描いた。クロード・モネの家は今美術館と成り彼が生前集めた日本の浮世絵コレクションを展示。ジベルニはパリの西80kmベルノンの近くに位置する。


モンパルナス駅

フランス語: Gare Montparnasse
違う綴り:ガール・モンパルナス, パリ・モンパルナス駅
キーワード:パリ, 交通, 建物
関係有る記事: トゥール・モンパルナス , TGV , パリの地下鉄 , SNCF
関連サイト: http://fr.wikipedia.org/wiki/Gare_Montparnasse , http://perso.wanadoo.fr/roland.arzul/etat/paris/montparnasse.htm , http://www.paris.org/Gares/Montparnasse/
説明:パリ南部に在るガール・モンパルナス駅は1840年にレンヌ通りの端にガール・ドゥ・ルエストの名で建てられたが直ぐに小さく成ったので1848-1852にかけて建築家ビクトール・ルノアールによって新築。1895年には2階に着いた機関車が道路下に落ちるハップニングがあった。古いモンパルナス駅は1960年代に高層ビルのトゥール・モンパルナスを駅構内に建設し新駅を数百メートル遠くに置く時まで存在。1990年から大西洋TGV新幹線が発着する。

モンブラン

フランス語: Mont Blanc
違う綴り:モン・ブラン, モンブラン山
キーワード:アルプス,
関係有る記事: エギーユ・デュ・ミディ , シャモニ
関連サイト: http://www.webcam-montblanc.com , http://www.chamonix.com , http://www.montblanc.to , http://www.st-gervais.net
説明:フランスのシャモニとイタリア・アオスタ谷のクールマイユール間に位置するモンブランは西ヨーロッパの最高峰です。頂上が雪のドームに覆われているので標高が4807mから4810mの間で変わる。現在でも頂上部分の領土帰属についてフランスとイタリア間で係争中。最初に頂上に到達したのはジャック・バルマとミッシェル・ピッカールで1786年。今ではエギューユ・デュ・ミディのロープウエイやサン・ジェルベからの登山電車等を使ってもっと早く登れる

モンブラン・トンネル

フランス語: Tunnel du Mont Blanc
違う綴り:モンブラントンネル
キーワード:アルプス, 交通
関係有る記事: フレジュス・トンネル , シャモニ
関連サイト: http://www.atmb.net , http://cojeomon.edres74.ac-grenoble.fr/travaux/montagne/cham/histu.htm
説明:1965年にドゴール将軍によって落成されたモンブラン・トンネルはアルプスを通過する最も古いトンネルの一つです。トンネルはフランスのシャモニとイタリアのアオスタ谷を直接連絡し全長11,6km。39人が死んだ1999年3月の火災後、トンネルに平行した避難通路など各種の安全設備が付け加えられ、2002年3月に再開。2005年6月のフレジュス・トンネル閉鎖により、環境派の反対にも係わらず全てのアルプス越えの交通がモンブラン・トンネルに集中。

モンペリエ

フランス語: Montpellier
違う綴り:モンペリイェ
キーワード:, 観光地, 南仏
関連サイト: http://www.ville-montpellier.fr , http://www.ot-montpellier.fr , http://www.montpellier-histoire.com
説明:南フランス地中海海岸の近くに在るモンペリエは南仏の中でも珍しくローマ人建設の都市では無く、10世紀に地方の封建領主によって建てられたが、他の地中海地方との交易で迅速に発達した。1180年にはフランス最古の医学校が出来る。モンペリエは1349年にアラゴン王国からフランスに移譲。多くの化学工業やワインなど食品工業が盛んなモンペリエはラングドック・ルッション地方の首都で人口は236000人。

モンマルトルの丘

フランス語: Butte Montmartre
違う綴り:モンマルトルの岡, モンマルトル
キーワード:パリ, 場所, 観光地
関係有る記事: サクレ・クール寺院 , サン・ドニ
関連サイト: http://www.montmartrenet.com , http://en.wikipedia.org/wiki/Montmartre
説明:パリの北部地区に位置するモンマルトルの丘は1860年にパリに併合されるまで税金の安いパリの外に位置し農民達がブドウ畑を耕していました。そのせいでモンマルトルは安く酒が飲める場所と評判になり、沢山の人々とりわけ芸術家達が集まるようになりました。伝説的なテルトゥル広場は今では肖像画描きや画商で賑わっています。モンマルトルはまた西暦紀元250年頃聖デニス殉教の地としても有名で今ではサクレケール聖堂が丘の上に聳えています。

モン・サン・ミッシェル

フランス語: Mont Saint Michel
違う綴り:モン・サン・ミッシェル修道院, モンサンミッシェル
キーワード:ノルマンディー, 世界文化遺産, 教会, , 観光地
関連サイト: http://perso.wanadoo.fr/mont-saint-michel/ , http://www.e-mont-saint-michel.com , http://www.projetmontsaintmichel.fr
説明:ノルマンディーとブルターニュの間、花崗岩の小島に在るモンサンミッシェル修道院を見た訪問者は其の景色に皆驚きます。伝説によると708年アヴランシュの主教オベールが大天使ミッシェルに出会い小島に教会を建てろと言われた。中世には流砂の危険にも関わらず巡礼者で賑わったが、フランス革命中は修道院は刑務所として使用。19世紀に堤防を設置してからモンサンミッシェルは徐々に海洋性を失いしつつある。

このページに有る記事:120 - 129、全部で:152.

?p??????y?Y?XSouvenirs of Paris


http://www.webdico.com/dico/fratxtj15.html
Text Copyright, Free Light Software
Pictures' Copyright belongs to each author or legal claimant
最終更新:24/11/09 15:59